一人遊び

20171022

老境の一人遊びのことだ。
どうやら遊べるようになった。
さりとて日々を狂喜的に暮らしているわけじゃない。
まあ日々に出かけるところがあって時間を持て余す状態じゃなくなってきた。
過去に遡ったり、今を見たり、先の少ない未来を思ったり、人並みのリズム感で生きている。
これで十分のような気がする。
今日もやることがないわけじゃない。
スポンサーサイト

宴会

20171020

雨でゴルフコンペが中止になったが、夕刻より焼き鳥屋で宴会があった。
十二人が集まりワイワイガヤガヤ。
私「ところで選挙はどうよ」と。
したたか飲んだオヤジが「オレは安倍が嫌いだが、小池も嫌いで、そうかと言って左側に入れるのもどうかと」と。
ほどほど飲んだオヤジが「俺は自民党員だから自民党に入れるが、安倍の加計学院問題で安倍嫌だよ」と。
酒のドクターストップかかるオヤジが「選挙の話はやめようよ、まあ人それぞれ色々あるから」と、いつものように話の腰をおる。
彼の腰折り癖のことだ。
ワイワイと色話しに盛り上がっていると、決まって「もうやめようよ、くだらないから」と腰を折る。
一瞬座にシラケ鳥が飛ぶ。
知性や感性からほど遠い田舎のオヤジなのである。
併せてノリの悪いオヤジと煮ても焼いても食えないものだ。
私はかなりノル爺さんである。

ストレス

20171014

愛犬ワカメが我家に来て5ヶ月ほどになる。
近頃、反抗的で私が見ていない時ウンチやオシッコをトイレの外でする。
おもらしをするのは明らかに私を困らせるためだ。
私は少し頭にきて、つい強く叱ってしまい、時にはお尻を叩いてしまう時がある。
猛省しきりで、飼育方法に問題があるかとネットで調べる。
犬屋では散歩はいらないとも言われていたが、シーズ犬は散歩が必要と書かれていた。
朝に30分ほど散歩をさせると、外でウンチやオシッコをする。
家に帰ると落ち着いていて、とても気持ちようさそうに一日を暮らしてくれる。
私の手を強く噛んだりオシッコもしない。
私に甘えて程よくすり寄ってくれ一安心だ。
仲良く暮らそうと思う。
かけがいのない命とは、温もりをすり合わせて生きるが一番である。

いつも大勢のなか

20171013

友人と我家で茶をしている。
私「小池百合子も調子に乗りすぎて苦戦しているらしいね」と。
友人「小池も嫌いになったが、でもやっぱり安倍に逆戻りさせてはいけないよ。外遊のとき飛行機のタラップで昭恵が笑顔で手を振られたらたまったもんじゃないよ」と。
嫌いな人たちの中から選択しなければならない。
左側の人達や宗教党へ投じるわけにゃいかない。
小池、安倍嫌いが大勢らしい。
私はいつも大勢に流されてきた。
小池は嫌いじゃなかったのだが、近頃の、偉そうな態度がどうも気に入らない。
小池も安倍も反省して、少し自重しだしたようだが。
友人「でも、安倍には入れないよ」と決めているらしい。

あの人は今

20171010

私のアイホンのラインに突然老夫婦らしき二人の写真がアップされる。
見知らぬ人であったが、凝視すると女性に見覚えがあった。
中学時代の同級生で隣に映る男性はご主人なのであろう。
ともに75歳になってしまった。
きっと携帯電話からアイホンに切り替えたから、自動的に私のラインに繋がったのであろう。
ラインには時々あることで、大半は未使用のまま名前だけが残されたままだ。
彼女はクラス会の幹事をやっていたから、私の電話番号が記録されていたのであろう。
20年ほど前に北国のクラス会以来である。
驚きと懐かしさで、一瞬ためらったが『驚きました、お元気ですか』とラインする。
暫くすると『既読』とサインがでる。
でも彼女から無言であった。
翌日二人の写真がバラの花に差し変わっていた。
淡き懐かしき遠い昔の匂いがしたような気がする。
『あの人は今』さえ知れば、もう二度と私の心に去来することはなっくなった。
プロフィール

seishingama

Author:seishingama
陶芸教室・静心窯のご紹介

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク

Pagetop