FC2ブログ

お知らせ

20190409

昨夜、埼玉の Sちゃんからメールで「5月18日仲間たちと会おうよ、皆に声をかけるから‥」と連絡がある。
「了解、宜しく‥」と返信する。
現役の頃の仲間たちで隔年ほどで会っている。
それぞれの消息は遠くなったが、皆元気でいるのかと思い出す。
我が青春と生意気と独りよがりで自信たっぷりに生きていた時だ。
でも、それぞれの善意で支えられ、なんとか定年までこぎつけて一幕を閉じることができた。
昼から新宿西口の飲み屋で一杯やることになるが楽しみである。
スポンサーサイト

仏壇

20190408

朝、マンション用の仏壇にコップ水を置いて手を合わせる。
食後に亡き人が愛用していた小ぶりの九谷焼の茶碗でお茶をあげて線香をたいてチーンとやる。
2年10ヶ月続いている私の習慣である。
そして夕食前に私の茶碗飯を仏壇茶碗に分けチーンとやる。
朝に夕に手を合わせて何かを呟いているような気もする。
でも、特に願ったり報告したり愚痴ったりしない時もある。
私の心の収まりどころを仏壇に求めているわけではない。
これは単に習慣であるが、やらねば気持ちが悪いものである。
今朝は写真に向かって「おはよう」と言ってしまった。
少し心が揺れているのかもしれない。
無機物のように対峙している時が、私の心の安寧の時のようだ。

疑い

20190405

カルロス・ゴーンの再逮捕があって、彼は無実を訴えてフランス政府にまで助けを求めている。
事実関係は分からないが、彼の釈明は情緒的で事実説明が欠けている。
まあ、かなり怪しい。
そもそも経営者たるものが疑われるようなことがあっても失格であろう。
彼の経営姿勢は最低であろう。

さて私たち一般人の姿勢のことである。
常に明瞭明快として、泰然自若に生きるべきなのであろうか。
どこか怪しげて裏に何かありそうな雰囲気を漂わせて生きてもいいものであろうか。
そもそも魅力的な人とは、とこか捕まえどころのない雰囲気が漂っているものだ。
そう言う人を知らないわせじゃないから、『裏』と言う人の行き方に立ち止まって思考する。
どうも私は単純すぎる生き方をしたような気がする。

遊び人

20190401

萩原健一が亡くなり、報道が続いている。
樹木希林、内田裕也など有名人の死は、ふり返りその人の生を総括されることになる。
萩原の過去も詳細に広げられ、知らなかった彼の過去を知ることになる。
奔放で遊び人で、人様に迷惑をかけて生きたと。
人には悪いことばかりじゃないだろうが、彼は総じて自己中に生きたのか。
私は彼の生き様は嫌いだ。
奔放であろうが、人様を巻き込んで生きる様を嫌う。
「遊んでも一人で黙って静かに遊べ」とテレビに向かって独り言を言う。
彼に関わった女性たちのことが、あまりにもオープンになりすぎている。
人を不幸に巻き込んでしまうタイプの代表的な男だ。

人望がない

20190322

イチローの引退会見に反応する。
引退後のことに「監督は無理ですね、僕は人望がないので‥」と謙虚だ。
私も若いころから我が人望を持て余していた。
人の上に立つものの心得として人望が大切と思いながらも、ままならぬ身を嘆いたりと繰り返す。
さて老境の今、『人望』となど思いもしなくなってしまった。
いわゆる老人一人生きていくに人望など必要なくなっている。
ただ人様に迷惑のかからぬように、そっと生き抜いていくだけだ。
懐かしき若き頃の人望騒ぎ、そこに陥って自問したものである。
イチローはさておき、私にも人望がなかったことだけは確かだ。
プロフィール

seishingama

Author:seishingama
陶芸教室・静心窯のご紹介

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク

Pagetop